10万人に1人の難病 アラジール症候群の患者・家族会

心血管系異常

・肺動脈狭窄

肺動脈の管が普通より細くなっている。
血液が流れにくく、右心室に負担がかかり、右心室圧が高くなる。

肺動脈は心臓の右心室から肺へ血液を送り出す動脈であり、静脈血を運ぶ唯一の動脈です。
肺動脈は右心室の肺動脈弁から始まり、比較的太く短い肺動脈幹(大人の場合、長さ5cm、直径3cm程度)を経た後、二つの肺動脈(左肺動脈、右肺動脈)に分岐し、それぞれ左右の肺動脈に静脈血を運ぶ。

狭窄の度合いは右心室圧で診断される。
50mmHg以下なら、軽度
60~70mmHgなら、中度
80mmHg以上なら、重度

中度~重度の場合には、右心室不全が進行する可能性があり、カテーテル(バルーン)や手術で狭窄を広げる治療をする場合がある。

肺動脈狭窄

入会・ご相談は TEL 090-9693-9600

PAGETOP
Copyright © 日本アラジール症候群の会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.